住み込みの仕事のメリットとデメリットとは?

住み込みの仕事のメリット

住み込みのバイトというと夏のリゾート地や冬のスキー場での期間限定の仕事、もしくは旅館の仕事がすぐ思いつきますが、やはり最大のメリットは、住む場所(寮)は職場があらかじめ用意してくれるため、人が生きていく上で、実は一番大きい出費である住居費(家賃)を丸ごと抑えられる、という点です。その他、工業地帯の工場などではなくて夏冬のリゾート地での住み込みの仕事であれば、毎日リゾート気分を味わいながら楽しく仕事ができる点です。そして、そういった場所で同じ釜の飯を食べる人たちとは、一生の親友になれたりする場合もあり、友達作りという点でもメリットがあります。

住み込みの仕事のデメリット

今度は住み込みの仕事のデメリットについてです。リゾート地などでの住み込みの仕事というのはスタッフが皆、開放的な良い気分で仕事をできる傾向で明朗な性格の人が多いため、宿舎でも人間関係のいざこざは起きにくいものです。逆に工場などでの住み込みの仕事の場合は、工場のような仕事中のコミュニケーションがほとんどないところに働きに行く人は人づきあいが苦手・面倒な人が多い傾向にあるといわれます。なので、毎日同じ単純作業の繰り返しというストレスのたまる仕事をして同じ寮に帰宅する場合、スタッフ同士の派閥争いや嫌がらせなどに悩ませられる可能性があるため、あまり人が良くなさそうな人が集まってきそうな場所で住み込みの仕事をするのは、リスクが高いのでおすすめできません。

住み込みの仕事の探し方

住み込みの仕事の探し方に関しては、専門の情報サイトがあるほか、仕事をしたい地域にプラスして「住み込み」というキーワードで検索したりすることで色々な情報をネットで見つけることが可能です。

寮の求人とは、その寮に住み込んで食事の世話、風呂や廊下の掃除などを行う管理人の求人のことを言います。