医師にも非常勤医師としての働き方もあります

医師求人には常勤医師以外にもあります

医師として働くには1日8時間以上同じ病院で働く常勤医師以外にも、非常勤医師としての働き方もあります。こちらでは非常勤医師として働く時に知っておくべきポイントを記載していきます。

内科・整形外科・精神科だと非常勤医師求人が多い

非常勤医師としての医師求人が多いのは内科・皮膚科・精神科です。内科や皮膚科は患者数が非常に多く、医師が不足しているからです。精神科はストレスが認知されるようになり、精神科に受診するようになった人がたくさんいるからです。また内科や精神科は訪問診療を活発に行っている診療科であり、訪問診療を行う非常勤医師が求められている事もあります。このような事情から内科・皮膚科・精神科は非常勤医師が多いです。

クリニックでも非常勤医師を求めている場合があります

病院にも大学病院のような大規模病院から小規模なクリニックまで様々な病院があります。大規模病院で非常勤医師を求めているのほもちろんですが、クリニックのようは小規模の病院でも非常勤医師を募集している場合もあります。大規模病院の求人と違い、小規模なクリニックの非常勤医師だと高度な医療技術を所持した医師を求めている場合があります。そのため総合病院の非常勤医師求人とは違い、かなり高額報酬を期待出来ます。そのような観点からしたらクリニックの非常勤医師求人を探してみるのも一つの見方です。

産業医としての求人もあります

一定規模の企業だと産業医を配置する必要があります。産業医は必ずしも常勤医師である必要はなく、非常勤医師でもよいとされています。治療というよりは指導という意味合いが強くなります。興味があるのであれば、探してみても良いでしょう。

医師の募集は病院やクリニックだけでなく、50名以上人材が在籍していて産業医を置かないといけない企業も募集しています。