夏のバイトいえば海の家!?こんなことに気をつけよう

海の家のバイトは楽しそうなイメージがあります

バイトにはたくさんの種類がありますが、夏の学生のバイト先として人気を挙げているのが海の家でのバイトです。中には社会人になってからも、夏の休暇を利用して海の家でバイトをするという人もいるのではないでしょうか。海水浴場の楽しい雰囲気、広がる海を目の前に味わう開放感、異性との出会いや新しい友人との出会いなど、海の家でのバイトならではのメリットがたくさんあります。しかしこのような楽しいイメージのある海の家のバイトですが、実際に仕事をしてみると、かなりハードであることがわかります。いろいろな注意点を把握しておかなければ、続けられなくなる可能性もあるでしょう。

海の家でバイトをする時の注意点

主な仕事内容としては、お客さんを呼び込んだり、食事や飲み物の販売、さらには施設の準備から掃除まで、1日中あわただしく働き続けることになります。そしてこれらはすべて炎天下の日差しの中で行うことになるでしょう。そのため一番大切なことはやはり水分補給です。気温が40度近くにもなる中で、立ちっぱなしで動き回りながら働いていると、体中のかなりの水分は失われていきます。スポーツドリンクを摂取することはもちろんですが、塩分や糖分も同時に摂取できるように準備をしておきましょう。

もう一つは日焼け対策です。場合によっては常に直射日光にさらされることになります。日射病にかからないためにもしっかり帽子をかぶり、時々頭から水をかぶるぐらいの方法をとってもおかしくはありません。その日は何ともなくても、翌日以降に体中が日焼けでひりひりの状態になることも考えられます。日焼け止めを使い、日差しが強すぎる場合には上着を羽織って仕事をするなどの対策が必要となります。

リゾートバイトとは、よく言われるようにお金がもらえて自分もリゾート気分で毎日過ごせて本当に一石二鳥です。人間関係などが原因で会社を辞めて心身共にリフレッシュしたい人にはお勧めです。

お問い合せ