翻訳会社のコーディネーターも英語を使った仕事に携われます

翻訳会社の仕事とは?

翻訳の依頼をする時に選ぶのが翻訳会社です。

原文の媒体は紙だけではなく、映像や音声などの種類があります。

紙に書かれているものを英語に訳す、日本語の音声を聞き取り英文の文章をパソコンで入力するなど翻訳の仕事には色々なスキルが必要です。

但し、翻訳会社は必ずしも翻訳自体の仕事を行うのではありません。

大きな翻訳会社などの場合、世界中に翻訳スタッフがいるので、幅広い言語、そして幅広い知識を使った翻訳が出来るようになっています。

受注を受けた仕事を翻訳スタッフに振り分けを行うのがコーディネーターの役割です。

翻訳者の大半は英語でのやり取りが出来るので、コーディネーターと翻訳スタッフとのやり取りの中では英語のスキルが必須であり、英語を活かした仕事の一つとして注目を集めています。

ネイティブチェッカーとしての役割

翻訳会社の仕事の中にはネイティブチェックがあります。

ネイティブチェックは、対象読者であるネイティブが英文を読んだ際、自然な文章として感じる事が出来るか否かを目的として行われるものです。

ネイティブチェックを行う人の事をネイティブチェッカーと呼び、文章の品質維持を決める重要な役割を持ちます。

翻訳会社に依頼が行われる文章には日常会話のようなものだけではなく、専門性を持つ文章も多くあります。

例えば、医療や法律、建築や機械、電気などのような専門的な知識が必要となる翻訳業務もあるわけです。

文章の品質は専門性および表現力で評価が行われるなどの特徴があります。

英語の転職では、希望する転職先でどの程度の語学力が必要なのか、確認しましょう。高いスキルが要求される通訳や翻訳から、小売りや飲食店など、客との会話レベルで十分なものまで様々です。

英語の求人の詳細はこちら