大幅な年収アップも狙える?個人タクシードライバーになるための条件を確認しよう

経験が十年以上あるかどうか

原則、タクシードライバーとしての経験が十年以上なければ個人タクシーの開業を行うことはできません。ただ、厳密にタクシーでなくても構わない場合があります。ハイヤーのようなものを運転していたとしても大丈夫なケースがあるわけです。さらに、その他の車の運転をしていた場合も、経験として認められる場合があります。条件は非常に細かいので、自分の場合はどうなのかしっかり確認する必要がありますね。難しいことに、申請時の年齢によっても条件は変動します。そのため、同じような経験を積んでいたとしても年齢によっては許可されるかどうかも変わってきます。

過去五年間に重大な道交法違反をしていないかどうか

過去五年間の間、道路交通法をきちんと守ってきたかどうかも問われることになります。危険な運転をする人間を個人タクシーの経営者にしてしまうと大変ですから、割と厳しい条件が課されているのです。過去五年のうちに免許取り消しなどがあった場合には、申請をしても許可されることはありません。他にも、暴力事件を起こしていないかなどもチェックされることになるので知っておきましょう。年齢が35歳未満なら、過去十年無事故無違反であることが求められます。

十分な資金があるかどうかも重要

個人タクシーの経営を許可してもすぐに廃業をされてしまうと意味がありません。そのため、十分経営をしていくだけの資金が用意されているかも条件には入ってきます。原則として、70万円以上の資金がないと開業が認められないのです。ガソリン代や整備代など、一人でタクシードライバーをしていくにはお金がかかります。会社に頼ることができないので、最低でも70万円は用意しておきなさいというルールになっているのです。

ネット通販市場が拡大しているので、ドライバーの求人数は増加傾向にあります。職にこだわらなければ、内定を得るのは簡単です。

トラックドライバーの求人の関連記事
公式ブログ