保育士になるために必要なこと

保育士として働くためには、保育士資格を取得する必要があります。保育士資格は、保育士を養成する短期大学や専門学校などに通い、必要な知識を身につけたり、実習に行ったりして単位を取り、卒業と同時に取得できます。

そのほかにも、テキストや通信講座などを利用しながら、自分で勉強するという方法もあります。この場合には、保育士試験というものを受ける必要があり、筆記試験と実技試験を受けます。

どの方法で保育士資格を取得するのか、自分の状況や性格などをよく考えて選んでみてはいかがでしょうか。

保育士に向いている人とは

保育士は、まず前提として子どものことが好きだということが大切なのではないでしょうか。しかし、もちろんそれだけでは難しいこともあります。保護者とのコミュニケーションや、子どもたちをまとめる力、毎日体を動かす体力など、必要な要素が多いです。保育園では、ピアノを使った活動もあるので、ピアノは今のうちから練習しておいたほうがいいでしょう。

保育士として働く前に

保育士として働くときに、就職する園をしっかり見極めて、自分の保育観や性格に合っているところを選びましょう。園見学などを積極的に行ない、働き始めた時の自分をイメージしてみるのもいいですよね。また、保育に入った時の自分の強みを持っていたほうがいいかもしれません。例えば、子どもたちが楽しめるような絵本の読み方や、手遊びのバリエーションを増やしておくなど、出来ることはたくさんあります。ぜひ、素敵な保育士さんを目指して頑張ってください。

保育士の求人を大阪で実施する際には、派遣会社に登録しておくと条件にあった幼稚園や保育園を紹介してくれます。