介護の仕事ってどんな仕事?資格は必要なの?

体が不自由な人の生活の補助を行う

人は生まれたての時は自分で生活ができません。両親に育ててもらい、しばらくたってようやく自分で歩いたり食事をしたりができます。それ以降もそれなりに親や周りの人に助けてもらいながら生活をします。その後大人になると自分で生活ができるようになりますが、高齢になると再び一人で生活できなくなるときがあります。家族が助けられない時、介護サービスを利用する必要が出てきます。介護の仕事では、一人で生活ができない人の生活の補助を行います。トイレやお風呂、食事の補助などを行ったりするので、それなりに力が必要になります。それ以外に日常的な会話などの対応もあります。一人で生活している人は話し相手がいないと寂しく感じますが、相手をしてあげると喜んでもらえます。

資格は不要だが基礎知識を持っている方がいい

介護の仕事をしたいとき、資格がないとできないと思っている人がいます。ホームヘルパーなどの資格があり、求人などでも資格取得者歓迎となっています。歓迎なので必ずしもないと働けないわけではありません。ただ、資格があると介護の知識を得ているので仕事がしやすくなります。現在はホームヘルパーと呼ばれる資格は無くなっていて、現在は介護職員初任者研修と名称変更されています。試験を受けて取得するのではなく、研修を受けて資格を取得します。介護に必要な知識や技術を得るための研修を一定期間受けると取得ができます。通信教育などでも受けられますが、机上の勉強だけでなく実際に実習などを受ける必要があります。取得しておけば、就職もしやすくなります。

介護の求人を東京で探すのであれば、給料にばかり注目する方も多くいます。ですが収入に関することだけではなく、待遇面を確認することも忘れないようにしましょう。

介護の求人の船橋はこちらから